XP

XPがハードフォーク!発行枚数が激減!?

 

こんにちわ、おこめさんですヾ(´・△・`)ノ

 

今回は久しぶりにXPについて書いていくよ。

 

来たる2019年1月、XPがハードフォークすると↓のサイト内で発表されました。

XP Coin – (Hard Fork & Coin Swap)

 

さてさて、ハードフォークしたら一体どうなるのか。

↑のサイトは英語で書かれているので内容を要約すると…

・200:1で割合でスワップ
・発行上限は1000億枚
・マスターノードの確立
・XPという名称は変わらない

ということのようです。

ハードフォークしたらどうなるのか

スワップにより発行枚数が減り、1枚あたりの価値が上がる

 

スワップってどゆこと!?

これは現在200枚のXPを持っていたらハードフォーク後に新しい通貨1枚と交換してもらえるということです。

仮に1000万枚を持っていたら5万枚と交換ってことだね。

 

さて、2018年11月現在XPは約2860億枚が発行されています。

これが200分の1になると約15億枚。

かなり枚数が減ることになるね。

 

今回のスワップで枚数が減るとどうなるか。

ずばり1枚あたりの価値が200倍になります。

 

現在のXPは約0.2satoshiです。

これが40satoshiになるわけだね。

 

最低価格が1satoshi以上になることでビットコインで直接取り引きが出来るようになり、多くの取引所に上場しやすくなるわけです。

今までは一度Dogeコインに替えてからXPを購入するという流れが一般的だったからね。

上場先が増えることで流通量も増えることが期待されます。

 

 

発行上限が1000億枚に

これまでXPは発行上限が設定されていませんでした。

そんな中、年利40%という驚異のPOS比率で総発行枚数を増やしてきたんだ。

これじゃXPの価格が上がらないのも当然だよね。

 

ハードフォーク後のXPが同じ比率で増えていくとしたら…

1年後 21億枚    6年後 113億枚   11年後 607億枚
2年後 29億枚    7年後 158億枚   12年後 850億枚
3年後 41億枚    8年後 221億枚   13年後 1191億枚
4年後 58億枚    9年後 310億枚
5年後 81億枚   10年後 434億枚

13年目に発行上限の1000億枚に到達する計算だね。
(それまでXPが電子のゴミにならずに残っていればだけど…)

まぁPOSの比率は年々下げられていくだろうから実際にはもっと年月が掛かるはずです。

 

いずれにせよ発行枚数はめちゃくちゃ多いよね。

XPの需要がなければ枚数が増えた分だけ1枚あたりの価値が薄くなってしまうからね。

金やダイヤモンドが高価なのは総量が少ないからってわけです。

 

 

マスターノードの実装

マスターノードは2018年度の始めから発表されていたけど今回ようやく実装されるようです。

 

◎マスターノードとは

簡単に説明すると、ある一定以上のXPを持っていたら普通にウォレットに入れてPOSをするよりも多くのXPが貰えるような仕組みです。

マスターノードを立てている方が多くのXPを貰えるので大量ホルダーが必要以上に売りに出さなくなり、それによって価格の下落を抑えることが目的かと思われます。

 

さてさて、そんなマスターノード。

以前は5000万枚以上で立てることが出来ると発表されていました。

それが今回のハードフォークで200分の1に総量が減った状態で100万枚必要だと分かったんだ。

 

つまり今のXPだと2億枚必要ってことになるよ。

に、2億枚…

一体どれくらいの人が2億枚なんて持っているんだろう。

 

というわけで下記のサイトで調べてみました!

CryptoID

 

なるほど、今のところ約200人弱くらいの人が2億枚以上持っているみたいだね。

ちなみにこれはXP総発行枚数の約67%になります。

 

以上が今のところ分っているハードフォークの内容です。

まだ詳しい内容が分からないので今後の公式の発表を待ちましょう。

 

その他XP関連のニュース

ブラジルの取引所に上場

9月にオープンしたばかりのブラジルの取引所LIONBITにXPが上場しました。

 

だ け ど !

1XPが1satoshi以下になっている為、買い板が存在しない状態になっています。

買えなくはないけど大損しちゃうから誰も買わないっていう。

やっぱりスワップによって最低価格を1satoshi以上にする必要がありそうだね。

 

アメリカのプロゲーマークリス・タタリアン氏がXPチームに参加

タタリアン氏は主にストリートファイター5をプレイし、数々のE-sportsの大会で入賞しているアメリカのプロゲーマーです。

ちなみに↓の記事にもあるように、彼はグランブルーファンタジーで有名なCygamesのE-sportsチームにも所属しているよ。

http://dengekionline.com/elem/000/001/697/1697134/

 

↓の円グラフを見るとXPの保有率は現状では日本人が圧倒的に多いです。

 

この繋がりでCAPCOMやCygamesと協賛出来たりしたら海外での知名度も上がってXPの需要も増えるかもしれないね。

 

以上、最近のXP関連のニュースをまとめてみました。

ハードフォークによって価格は上がるのか下がるのか。


来年の1月が楽しみだね!

 

最後まで読んでくれてありがとう!
お礼のゴハンを置いていくよ(´・△・)つ