めしこいん(MESC)

トークン発行者必見!CPTアライアンスとは

こんにちわ、おこめさんですヾ(´・△・`)ノ


昨年、仮想通貨が盛り上がって自分で独自にトークンを発行しようって人も増えたんじゃないかな。


だけどなかなか需要が無くて知名度も低いまま…


そんなトークン発行者さん必見だよ♪

CPTアライアンスとは

CounterParty ベースのトークンの相互持ち合いにより運営者の流動性向上という課題を軽減し更にはXCP、IndieSquareWallet の取扱量拡大を目指すものであります。-引用:CPTアライアンス構想についてrevise2.pdf

CPT… つまりCounterPartyTokenの頭文字だね。

アライアンスは企業間の提携を意味しているよ。


つまり複数のトークン間の連携ってことだね。

 

現在IndieSquareで取引できるトークンは沢山あるよ。

だけど知名度が低いものも多いんじゃないかな。

 

そんなトークン同士が提携して保有数に対してお互いのトークンを配布することで保有者を増やすことを目的としているわけだね。


例えばめしこいん漁夫の利トークンとCPTアライアンスを結んでいるよ。


めしこいんを持っている人は漁夫の利トークンが、漁夫の利トークンを持っている人にはめしこいんが配られるわけだね。


そうすると貰った人は、もしそのトークンが必要なければIndieSquareで売ることも出来る。

そうすれば運営から直接買わなくてもIndieSquareを通して取引が出来るようになるわけだね。


こうやって市場の流動性を増やしていこうっていう取り組みなんだよ。

 

保有者のメリット

↑で書いたように相互配当で保有者が増えることで各トークンの知名度が上がるよね。

保有者は相互配当で貰ったトークンを持ち続けてもいいし要らなければ市場に売りに出してもいいわけだよ。


タダで貰ったものだからすぐに売ってもノーリスクだもんね♪


この場合、新規で買いたい人は運営から買うよりも安く手に入れられるかも知れないよ。


市場の価格が運営の設定している販売価格より高ければ運営から買っちゃうもんねw

だから配当分を売り出す人は基本的に販売価格より安く設定しないと売れないと思うんだ。

 

まとめ

CPTアライアンスは参加銘柄の知名度を上げ、市場の流動性を高め、最終的には保有者への還元を進める上で有効な手段のようです。


現在CPTアライアンスを結んでいるのは以下の4銘柄です。

・めしこいん @MESHIOFFICIALac
・漁夫の利トークン @GYNR_crypto
・NYAAトークン @nekononyaa
・OKUCOIN @OKUCOIN_PROJECT


XCPトークンを発行している方はCPTアライアンスへの加入を検討してみてはいかがでしょうか?


最後まで読んでくれてありがとう!

お礼のゴハンを置いていくよ(´・△・)つ