雑記

マルチで100万円以上借金して友達がいなくなった話 第1話 勧誘編

 

 

こんにちわ、おこめさんですヾ(´・△・`)ノ

 

みんなはMLMって知ってるかな?

正式名称はマルチレベルマーケティング。

その頭文字を取ってMLMだね。

ネットワークビジネスって言われてたりもするよ。

 

うめぼ師匠
うめぼ師匠
ネットワークビジネスってなんだ?
おこめさん
おこめさん
新規の会員を作って、その会員が商品を買うと、その金額の一部が紹介者に入ってくる仕組みだよ。いわゆるマルチってやつだね。
うめぼ師匠
うめぼ師匠
ねずみ講ってやつか。
おこめさん
おこめさん
ちゃんと商品を売ってるからねずみ講ではないんだけどね。有名なところだとアムウェイ、フォーデイズ、ニュースキンと色々あるよ。
うめぼ師匠
うめぼ師匠
アムウェイは聞いたことがあるな。
おこめさん
おこめさん
今日はそんなオイラがニュースキンのビジネスに関わっていた頃の話をしていくよ。

 

この話を書こうと思ったのは過去の自分を見つめ直そうと思ったのが大きな理由です。

当時のことを思い出すと黒歴史すぎて「恥か死」しそうからメチャクチャ迷ったんだけどね。

だけど、この記事を書くことで少しでもネットワークビジネスをやっている人の実態を知ってもらえたらって思って筆をとりました。

 

予定としては全3~5回くらいで書いて行く予定です。

 

この記事を読んだら分かること

・マルチの実態
・マルチをしている人はどんな人なのか。
・何を考えてそのビジネスをしているのか。
・もし身近にマルチをやっている人がいたらどう接すればいいのか。
・勧誘してくるときのテクニック

※あくまで自分の経験に基づく主観です。MLMを否定する記事ではありません

 

それじゃあ全身がムズムズするけど書いていくよー

勧誘を受けるまでの流れ

あれは大学を卒業してから4年くらい経った頃だったかな。

まだLINEなんてない時代の話ですw

 

あるとき大学時代に出会った友達から久しぶりにメールが来たんだ。

仮にYくんとするね。

 

Yくん
Yくん
近々、合コンやるんだけど来ない?
おこめさん
おこめさん
行く行くー!

 

合コンはそれなりに楽しかったね。

このときはYくんとは「また飲もうねー」って言って楽しく別れたんだ。

 

そう、彼らは久しぶりに会う人に対して初回は勧誘してこないんです。

あとで書くけどマルチをやってる人達には練りに練られた勧誘ノウハウがあるんだよね。

 

それから1ヶ月ほどしてから、またYくんから飲みのお誘いがあったんだ。

当時のオイラは神奈川に住んでいて、Yくんは埼玉に住んでいました。

なので間をとって新宿で会うことに。

 

Yくん
Yくん
最近どお?

 

なーんてありがちな質問から入ってくるわけですよ。

 

当時のオイラはアマチュアの役者をやってました。

たまにテレビで売れない役者さん特集をやってるけど、まさにあんな感じ。

昼は俳優養成所にレッスンを受けに行き、夜はカラオケのバイトして生計を立てる日々。

そんな暮らしをしてるとね、たまに思ったりするわけですよ。

 

「このままで良いのかな…」

 

これ。

これです!

彼らはこの気持ちを狩りに来ます。

「共感」はマルチの大原則

Yくんはオイラの境遇にメッチャ共感してくれました。

そりゃあそうなんだよね、彼らの勧誘マニュアルで一番大事なのは「共感」だって言われているんだから。

 

そして彼はこんな事を言っていました。

「自分もサラリーマンやっていて、この安い給料のままじゃ将来が不安だし会社もいつ倒産するか分からない。だから将来何があっても大丈夫なように副業をやっている」

これだけじゃオイラも「そっかー ちゃんと将来のことを考えていて偉いなぁ」ってくらいの感想だったんだけど、ここで飛び出してくるのがこの話です。

 

パイプライン作り

 

なんのこっちゃって思うよね。

簡単に言うと家賃収入やマンガの印税みたいな不労所得を作ることです。

 

いやー 憧れるよね、印税生活!

働かないでお金が入ってくるとか最高だもんね。

って、当時のオイラはめっちゃ興味津々でした。

 

もちろん怪しんではいたよ?そんなウマい話はないってね。

そんなオイラにYくんはこう続けます。

 

「もちろん楽して稼げるなんてありえない。最初は大変だけど頑張ったら月に2~3万円の不労所得を作ることができる。同じように役者やバンドをやってる人も居るから一度ビジネス説明会に来ない?」

 

怪しんではいたけれど月に2~3万円の不労所得は本当に魅力的に感じてしまったんだよね…

「2~3万円分のバイトを減らせば、もっと余裕を持って稽古に行くことができる。」

そう思って話を聞くだけ聞いてみることにしました。

 

ここにもいくつか勧誘のテクニックがあって「説明会の日は3日くらい候補を出して、その中から選んでもらう」っていう技を使ってきます。

一番近い説明会の日に予定が入っていても他の日に来てもらえるようにね。

 

そして肝心のパイプラインを作るという仕事内容については詳しく話してくれません。

「勉強中の自分が話すと勘違いされてしまうかもしれないし、情報の劣化を避けたいから仕事のことをしっかり理解して結果を出している人から話を聞いてほしい」とのこと。

アホなオイラは「なるほど、確かに」って思っちゃったわけですw

異様な空気に包まれる会場

説明会は渋谷駅からすぐ近くの貸し会議室で行われました。

全体で40人くらいは居た気がするよ。

 

もうね、凄いの。

男も女もみんな同じ化粧水やハンドクリームを使ってて会場の中はもう化粧品売り場みたいな感じ。

オイラが会場の雰囲気に圧倒されていたらYくんが登場しました。

そして「紹介したい人がいる」と言われて高級そうなスーツを着た爽やかな20代後半くらいの男性を紹介されたんだ。

 

Yくんが言うには「今回講演をしてくれるMLMでトップクラスの人で、忙しいなか貴重な時間を作ってくれてわざわざ福岡から来てくれているから失礼がないように」とのことでした。

後から知ったことなんだけど、これもテクニックの1つだったんだよね。

とにかく新規の人には「普通じゃ聞けない貴重な情報」だと思ってもらう必要があるんです。

いわゆるティーアップってやつだね。

ゴルフのティーを上げるように相手をちょっと持ち上げて情報の価値を高めるんです。

 

こんな言葉を聞いたことないかな?

情報は「何を」話したかということよりも「誰が」話したかが重要、だって。

そりゃあ、まだ稼げていない人の話よりも実際に稼いでいる人から話を聞いた方が良いに決まってるからね。

 

正直、素直に憧れちゃいました。

自分とたいして年齢の変わらない人がこんなにもキラキラした生活をしているのかって。

 

そんなカルチャーギャップと共に説明会が始まりました。

世の中のほとんどの人が水汲みの仕事をしている

基本的にオイラが飲み屋で勧誘されたときの流れと一緒だったね。

説明会の流れ

・日本の将来について不安を煽る
・日々の生活の不満を代弁し共感する
・その生活からどうやって抜け出したのか体験談を語る
・水脈作りの分かりやすいDVDを見せる
・ビジネスについての具体的な説明

これをプロジェクターを使ってグラフだったり色々なデータを見せて信憑性を高めていた感じでした。

 

中でも一番分かりやすかったのが「パプロとブルーノ」っていうDVDです。

簡単に説明するとこんな感じかな。

ある村にパブロとブルーノという2人の青年がいました。2人は村から遠く離れた泉に通い、水を汲んで村に運ぶという仕事をして生活をしています。ブルーノは力持ちで1日に何往復もしてお金をたくさん稼ぎます。一方、パブロは力も弱く1日に稼げるお金は少しだけです。そこでパブロは頭を使いました。ある日から水汲みの仕事をやめて泉から直接水を引いてくるパイプライン作りを始めたのです。ブルーノはそんなパブロを時間の無駄だと笑いました。ですが最終的にブルーノは身体を壊し働けなくなり、パイプラインを完成させたパブロは働かなくてもお金が自動的に入ってくるようになったのです。

 

パブロとブルーノの話を詳しく知りたいって人は↓の動画を見てみるといいかも。

 

単純なオイラはこの動画を観てかなりテンション上がったよね。

自分にも家賃収入みたいな不労所得が作れるのかもしれないって。

 

それでも一応まだ怪しんではいました。

でも、その不安を90%くらい吹き飛ばしたのがニュースキンという会社の信用性です。

アメリカの大手信用調査会社D&B社から最高ランク5A1の格付けをされている

このD&B(ダン&ブラッドストリート社)はエイブラハム・リンカーンをはじめとする歴代のアメリカ大統領を4人も輩出している名門中の名門です。

D&B出身の歴代アメリカ大統領

・第16代エイブラハム・リンカーン(左上)
・第18代ユリシーズ・グラント(右上)
・第22代グローバー・クリーブランド(左下)
・第25代ウィリアム・マッキンレー(右下)

 

だけどニュースキンがD&B社から5A1という最高ランクの格付けをされているとか言われてもイマイチ凄さが分からないよね。

どれくらい凄いのかというと、たとえばSONYの最高評価は3A1の格付けをされています。

そして世界のTOYOTAはニュースキンと同じ5A1なんです。

TOYOTAと一緒とか言われちゃうと信用できるのかなって思っちゃうよね。

 

ちなみに同じMLMのアムウェイも5A1の格付けをされています。

 

完全洗脳まであと一歩

説明会が終わった時点でオイラはやる気満々でした。

 

結局、会社そのものは悪くないんですよ。

ネットワークビジネスが悪く言われるのは、そのビジネスに参加している人の中に悪質な勧誘をしてしまう人が多いからなんです。

説明会でも誤解を生むような勧誘はしてはいけないって口を酸っぱくして言われてたからね。

 

「そんな悪質なビジネスは絶対にやらない」

このときは心の底からそう思っていました。

 

だがしかし…

次回へ続く!

 

最後まで読んでくれてありがとう!

お礼のゴハンを置いていくよ(´・△・)つ🍚

 

マルチで100万円以上借金して友達がいなくなった話 第2話 洗脳完了編 こんにちわ、おこめさんですヾ(´・△・`)ノ 前回の記事はニュースキンの説明会に行ったところまで書きました...